2012年01月03日

2011年12月の工事

久し振りに東京電力変電所、ドア取替工事を行いました。
想い出されるのが2009〜2010年、2年にまたがって行われた埼玉県内変電所の入退所システム変更に伴うドア、門扉等のサッシ工事です。全ての変電所の扉のサイズが異なり、1ヶ所毎に現調、作図、オーダー製作という大変思い出に残る工事を経験させてもらいました。
変電所という特殊な条件の中、工期仕上り等、充分対応出来た事は、当社にとって大きな自信と技術の向上になったと確信しております。
埼玉県内の変電所(秩父管内は除く)で新しくなっているドアは当社オーダーメイドの製品です
(・・・・・・・・・手(チョキ)
今、原発事故対応の中、お世話になっている東京電力の建設・電気会社の皆様、大変厳しい仕事環境かと察しますが、2012年1歩ずつ前向きに進んで行かれることを切に願います。
posted by okuda at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52754405

この記事へのトラックバック